小学生の間に、外国人と英会話できる場をつくってあげよう

小学生ともなれば、自分で考えて行動できる時期です。そしてアウトプットの時期でもあります。
(スポンサーリンク)

理想の小学生英語学習方法おしえます

私が考える理想の小学生英語学習法は、

(1)最初の1年は自宅で英単語をおぼえる
 ↓
(2)英会話になれさせる(自宅や英会話スクール、どちらでもOK) 英語を一緒に学ぶ友人や仲間ができれば更によい。
 ↓
(3)ネイティブの外国人と話す機会をどんどんつくる

という流れです。

まずは(1)英単語をインプットして覚えておかなければ、まったくしゃべれません。小学生のうちは英文をあまり意識しなくとも、単語をならべられるだけでも上等です。 

(2)は、あるていど単語になれてきたら、簡単な英会話をどんどん聞かせましょう。書きとりができるならやらせてみてください。
幼児期とは違い、小学生になるとだんだんと「親よりも友達が大切」という意識にかわってきます(寂しいことですね・・・><)
そのために子供が英語を長くつづけていくためには、学習仲間がいたほうがよいでしょう。

最後に(3)ナマの外国人と話せる機会をつくってあげては? 日本人同士だとらくらくしゃべれても、実際の外国人を目の前にするとひとことも発言できない子供が多いんですよ! 雰囲気になれさせる、といった感じです。

そして、英語をネイティブとする外国人とコミュニケーションがとれたことで、「楽しい!」「もっと話せるようになりたい!」というヤル気にもつながっていきます。言葉を覚えるためには根気が必要ですが、やはり楽しい部分がないと続けたい気持ちにはなりませんよね。
これまで机の上だけで学んできた言葉が通じたら、大きな喜び=続けていくモチベーションとなるはずです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ